添削までの流れ

匠-塾 論文添削フロー

匠-塾に論文の添削を依頼される際の流れをご説明します。基本的なやりとりはメールとなります。塾長および師範代の赤入れを柔軟に受け入れ、今後の糧にしていってください!

添削依頼フォームから依頼

添削依頼フォームからご依頼ください。その際、受験部門・技術分野・業務経歴などを簡単にご記入ください。師範代添削の場合、記入内容に適した師範代を担当にすることができます。また、逆に師範代の指名も可能です。

自動返信メール

添削依頼フォーム送信後、自動返信メールが届きます。

依頼確認メール

匠-塾から、依頼確認のメールをお送りします。また、添削依頼フォームにご記入いただいた内容で不明点があった場合には、このときに質問をさせていただきます。

料金の振込

下記口座に所定の添削料金をお振り込みください。

振込先:
三菱東京UFJ銀行 豊田支店
普通4875342 株式会社 匠-塾
>>匠-塾の論文添削コース料金はこちら

宿題送付

匠-塾より初回の宿題(塾長作成の出題予想問題)をお送りします。
到着後、解答して下さい。論文は白書やインターネットなどで調べて書いてもOKです。調べて多くのことを学んで下さい。(もちろん最終的には何も見ないで書けるようにしましょう。)
特に初回の論文は、時間勝負で書くのではなく、3~4日かけて書いた自信作を見せてください。

宿題解答・論文送付

宿題の解答と論文を、メールでお送りください。(WordファイルもしくはPDFファイル)
※Wordファイルでの添削は5月末までです。6月からの添削は、全て手書き原稿をPDFファイルにして送って下さい。(実際の試験を想定して、手書きに慣れてもらうためです。)

添削

塾長もしくは師範代が到着した論文を添削します。

添削結果の返信

論文の添削結果をPDFデータにして返信します。早くて5日、繁忙期(7~9月)は10日ほどをいただきます。あらかじめご了承ください。

採点方法

00~20点:不合格(知識不足)
25~30点:問題の主旨は捉えているが的外れ
35~45点:ボーダーライン
50~55点:合格論文
60~65点:完全合格論文
70点:感動しました(匠-塾の最高得点であり、年に2~3名程度しか出ません)。

~ここから先はまるごと添削パックを受講された方のみです~

修正箇所の訂正

添削結果の赤入れに従って修正し、再送付してください。

再添削

到着した論文を再度添削します。以降、修正と添削を合格するまで繰り返します。

次の宿題の案内

次の宿題を案内します。以降、STEP5~10を繰り返します。

技術士試験合格

繰り返し学習によって、技術士試験に合格!

  1. 特定商取引法の表記
  2. サイトマップ