技術士とは?

技術士という国家資格

技術士とは、技術士法に基づく日本の国家資格。資格を取得すると、当該技術部門の業務に携わることができます。

技術士法第2条における技術士/技術士補の定義

技術士

【技術士】
技術士とは、第32条第1項の登録を受け、技術士の名称を用いて、科学技術の高度な専門応用能力を必要とする事項について、計画・研究・設計・分析・試験・評価、またはこれらに関する指導業務を行うものをいう。

技術士補

【技術士補】
技術士補とは、技術士となるのに必要な技能を習得するため、第32条第2項の登録を受け、技術士補の名称を用いて、前項に規定する業務について技術士を補助する者をいう。

技術士の技術部門

技術士が担う仕事

法律上では、技術士の仕事の幅は広く定義されています。簡単にいってしまえば、資格を取得した専門分野に関する技術的な仕事であれば、すべて行えるエキスパート。

技術の研究・開発・設計・評価の指導および相談から、製品製造工程の業務改善、プロジェクト管理、事故原因調査や損害査定など、あらゆる業務に携わる科学技術のコンサルタントということです。

※ただし同法では「他の法律においてその業務を行うことが制限されている業務を除く」と規定されています。たとえば、建築基準法や建築士法によって制限される建築士の設計業務などを行うことはできません。

  1. 特定商取引法の表記
  2. サイトマップ